器用貧乏な世界!

自己満足の趣味を綴ってます。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - |
シャッターの修理

前にした作業ですが、シャッターの修理です。

 

前々から気にはなっていたのですが、ある日オヤジがシャッターを閉めようとすると閉まらない・・・・・

 

部品を取り寄せて直そうかと思ったのですが、すでに50年ほどたっているシャッターで、「西日本シャッター」なる製造元はすでにないとか・・・・・

 

そりゃそうだろね〜(笑)

 

で、交換となるとシャッターだけで8〜10万、プラス今の開口部を確保しようとすると建物の改装も必要なので合計15万以上かかるそうな・・・・・

 

それは高すぎるので俺も親父も即却下!

 

オヤジは、シャッターを取っ払ってコンパネで扉を作って観音開きにすればいぃと言いますが・・・・・

 

極論を言うと雨水が吹き込まなければいぃのですが、せっかくあるものを安く直して使えたらラッキー!

 

ってなわけで、ダメもとで切って・張って・くっ付ける修理に挑戦してみました。

 

まず一番の悪いところは、シャッターの最下段が朽ちていることです。

 

これがシャッターを開けた時、レールの最上部に引っ掛かりシャッターを下げることが出来なくなっていたのです。

 

 

取り外すと、こんな感じになってました。 (まさに「これ以上いじめないで〜」状態ですなぁ〜)

 

ちなみに上に見えているグレーのアングル2本を溶接して最下段になるように加工しました。

 

 

シャッターが0.6〜0.7mmでしかも錆も所々あるので溶接はかなり慎重にしました。

 

数か所は解け落ちたので肉盛りして誤魔化してますが、強度的にはバッチリです。

 

あと、上の写真で真ん中にシルバーの丸い部分がありますが、そこは元々は鍵穴です。

 

この建物内には盗まれてまずい物は旋盤等の大物だけで、建物から出せても家の敷地から出すにはユニックを使わないと無理なので、カギはこの際に撤去して、そこに鉄板を当てて穴埋めしました。

 

次にレールの一番下の部分で、こちらも朽ちてシャッターが閉まりきらない状態になっていました。

 

 

ここは1mm程度の厚みの鉄板を切って、曲げと溶接で下のような写真のパーツを作りました。

 

 

レールの朽ちた部分をカットして、そこにこの部品を溶接します。

 

大きく段差がなければシャッターの開閉に支障はないのでOKです。

 

あと、シャッターの最下段がレール内でガタガタするのでレールガイドと補強を兼ねてフラットバーの切れ端を溶接しました。

 

 

これにて朽ちて開閉し辛くなっていたシャッターは、ご機嫌様で動くようになりました。

 

 

最後にスレート屋根に塗るペンキが余っていたので、お化粧して修理完了です。

 

 

これであと20年は使えるでしょう〜(笑)

 

ちなみにシャッターがぼこぼこになっていますが、30年も前に僕と兄貴が野球のボールなんかをぶつけて出来たものです。

 

それが今では自分達の子供がサッカーボールをぶつけてさらにボコボコにしております。

 

僕もオヤジにさんざん怒られたので、子供がボールをぶつけると怒ってます。

 

でも反対にオヤジは「えぇやないか〜」と・・・・・

 

はぃ?孫にはどんだけ甘いんじゃぃ!

| naock | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
田植だよ〜

今年も農繁期がやってまいりました。

 

少し前ですが、無事に田植が終了しました。

 

5月の下旬に籾をまいて・・・・・

 

 

上の写真は、籾をまく前の写真でした・・・・

 

苗の写真を撮り忘れてましたねぇ〜

 

ま〜今年はすくすくと順調に伸びてくれました。

 

 

のことながら、オペレーターは兄上でございます。

 

今年は、田植機を更新し新車での田植なのですが・・・・・

 

ちょこちょこトラブルがあり、いつになく疲れた田植となりました。

 

ちなみに・・・・・今年の米の品種は、きぬむすめ、ユウダイ、コシヒカリの3品種です。

 

作り面積は1町2反です。

 

秋まで順調に育ってっ下されや〜〜ぃ

| naock | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
エアコン掃除
夏がやってくる前にエアコンを掃除してみようと思ったら・・・・

フィルターを外すとほこりがいっぱい・・・・

かくなるうえは徹底的に掃除してやろうと室内機を分解してみました。



いつからため込んだのかわからないくらいにびっしりです。



ここまで分解すればあとは掃除機とブラシでほこりを取ってカビ取り剤で綺麗にすればOK!



結構きれいになったでしょ?

これで今年の夏をのりきります。



ちなみに分解→掃除→組立→完成
一日仕事となりました。

フィルターだけで10分で終わるつもりだったのに・・・・・
| naock | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
トップカーの修理 第2段
昨年トップカーを修理したのですが、またまた修理です。

農機具は、壊れたところは極力直して長く使うのでセオリーです。

しかもこの4輪のトップカーは製造中止になっていて今ではキャタピラが主流になっております。

走行スピードが全く違うので、4輪のものは朽ちるまで使いたいものです。

さて今回の修理個所は2か所あります。

まずはデフのマウントが経年の錆等で朽ちてもげてしまったところです。

ブレーキの効きが悪く、いくら調節してもしっくりこないのでいろいろ調べてみるとフレームに亀裂があり、ブレーキをかけるとデフが微妙に動いておりました。




ハンマーでコツンとしただけでメリっと外れたました。

案外もろかったです。

スチールは溶接の際が弱くなるので金属疲労や錆に一番侵されやすい部分になりますからね。




そこで!朽ちている部分を綺麗にカットして補強を兼ねてを当て板に使用します。

まー廃材の有効利用と言った所でしょうかね。




長さもきっちり整えてこのような感じで溶接してデフマウントの台座にします。

結構ぴったりハマってるので溶接も楽チンです。




でもって、台座とマウントを溶接してこの部分の修理は完了です。



次は、プロペラシャフトです。

プロペラシャフトはエンジンの動力をデフに伝える軸です。

上の写真で言うとフレーム右側にある棒ですね。

これがどうなったかと言いますと、デフマウントの修理をして走行テストをしているとなにやらカラカラと音がしたのです。

気になる程度ではないのですが、調べてみると軸が抜けかかっているではありませんか!





上の写真では分かりにくいですが、少しシャフトが右に傾いています。

原因を考えたところ、まずデフマウントに3.2mmの台座を加えてことでデフの位置が少しずれたこと。

もう一つは、クラッチを兼用する動力ベルトを張ったことです。




上の写真がエンジンとプロペラシャフトを繋ぐクラッチ兼用動力ベルトです。

改善方法は、プロペラシャフトを伸ばせばいいのですが・・・・・

一番簡単な方法は、シャフトを真ん中でぶった切って継ぎ足せばいいのですが、溶接の歪みで軸心がずれればプロペラシャフトに付随するベアリングやフレーム、最悪の場合はデフにまで影響が出るのでこの工法は却下です。

で、最終考えたのでスプラインエンドを伸ばす加工をすることにしました。

スプラインとは下の写真で説明しますと・・・

左の白っぽいのがデフでそこから出ている茶色く錆びたモノがデフに動力を受ける軸です。

その軸に筋が入っているのが分かるでしょうか?

これがスプラインと言うもので、オス側のスプラインです。

平たく言うと歯車の一種ですね。

反対にメス側のスプラインは右からきているプロペラシャフト側に入っています。

これらがあることで機械を調整したりエンジンの振動なんかでシャフトが多少前後しても、上手く噛み合っていればしっかり動力を伝える事が出来るんですねぇ。

でもこれだけズレテいるという事は、引っ掛かり部分が少ないので確実に金属疲労が蓄積して壊れます。

で、今回は右側からきているシャフトのスプラインを延長します。




まずはプロペラシャフトを取り外して、農機具屋にお願いして廃車のモノから同じものを分けてもらいました。

それを惜しげもなく切る、キル、KILL 

でこんな状態にしてみます。




で、必要な部分はここだけです。

それ以外は粗大ごみ行きとなります。

で、写真の下のほうに見えるドーナツ状の内側、このギザギザがメスのスプラインですね。

さらにこれを綺麗に加工します。




っとその前に加工に必要な旋盤を動力モーターから家庭用100vに改造途中だったので無理やり使えるようにしてっと・・・・・



旋盤でスプラインとカット面をできるだけ直角にしてくっ付けた時に隙間が出ないようにします。

それとスプラインがスムーズに入るように面取りも行います。




それで出来たのがこれです。

まーたかだかしれた部品ですが、これだけの延長で全く変わりますからね。




重ね合わせて装着してみます。

出来るだけ奥に差し込んで傾きやズレがないようにして溶接します。

綺麗に面が出ているのでこれも溶接楽チンです。




仮止めだけして取り外します。

そうしないとデフ側にはパッキンが入っているので、伝達熱で溶けてしまいます。

取り外したらカッチリ溶接していきます。




しっかり仮止めしているので熱歪みも出ず、スプラインもちゃんと通っています。

下の写真で溝がずれていないのが分かるでしょうか?




熱が冷めれば取り付けてみます。

しっかり奥までスムーズに入ることを確認して、本組します。




これでプロペラシャフトの修理?加工?が終了です。

シャフトとデフの軸がちゃんと真っ直ぐになっているのがわかるでしょうか?

走行テストをしてもシャフトの鳴りは全く出ませんでした。


| naock | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
子供は・・・・・
皆様、お久しゅうございます。

チョ〜〜久々の更新です。

確認してみれば昨年の7月から更新してませんでしたね。

でも常に500人程度の方が訪問してくれています。

このツイッターやフェイスブック、はたまたラインなるものが横行している昨今、すでにアナログ域に達したブログを見ていただいてありがとうございます。

すでに閉鎖していると思ってる人もいますが、たまに更新するのでよろしくお願いします。

さてさて久々という事で本日は子供の話しと題名を変えてトップカーの修理のお話でもしましょう。

で、ここ最近の子供の遊び道具がこれです。



うちのユンボに乗って庭などあちこちを勝手に掘り返しております。

小学校2年生ながら扱いには少々慣れておりまして掘るわ掘るわ・・・・・

実はこの写真の左側7〜8m、深さ30cmのところに雨水配管がありまして・・・・・
それを家族の誰もが忘れておりました。

で、そんなにひどい雨でもないのにユンボの後ろの牛小屋が水浸しに・・・・

犯人はもちろんこのクソガキでございました。

掘った時に塩ビパイプをガッサリやって、その後何事もなかったかのようにきちんと埋めておりました。

当然、雨が降れば流れるはずの水が流れないので、牛小屋満水ってわけでした・・・・・

それと先月そのクソガキと2人でボーイスカウト主催のスキーツアーに参戦してまいりました。



子供がスキーをするのは数回目ですが、昨年スキースクールに掘り込んだのが良かったのでしょうか?

直滑降オンリーだったのがボーゲンが出来るようになっておりました。

子供は吞み込みが早いですね〜

そのお陰でひたすら滑りっぱなしの刑にあいました。

夜間バス日帰りツアーだったので帰りは爆睡してました。



今シーズンのスキーはこの1回限りでしたがこのクソガキはマン喫出来たことでしょう。

僕はクタクタで次の日の仕事に差し支えました・・・・・
| naock | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
エアコン壊れた!
先日エアコンが壊れました。

家を新築してから14年が経ち、色々とガタが出てくるころに差し掛かったのでしょうか?

メーカーはダイキンのものです。




型番は、「F50BTEP−W」で定格200vのエアコンです。

リビングにつけているのですが、一番使用頻度の高いエアコンです。

どのようになったかと言いますと・・・・・

エアコンを付けると室外機のファンが数秒回って停止。




室内機は、運転の状態になって1分後くらいに緑色のランプが点滅して停止。

完全に故障でしのでとりあえずエラーコードを確認します。


http://www.daikincc.com/errorcode/remocon_ra_b.html?ITEM=RA&BOP=b

上のURLで確認するとリモコンには「H6」の表示が出ました。

これは、「圧縮機の運転を検出するセンサに不具合があるため、停止しています。」と言う意味みたいです。

で、このことから故障予測箇所が判明します。

最悪な場合はコンプレッサーの異常で、修理するのに8万〜10万程度かかります。

これだと買い換えますが、ダイキンですのでコンプレッサーの故障はないと思いたいです。

次に基盤の故障と閉鎖便の不具合です。

これなら1万円そこそこで治りそうなので、基盤のチェックをしてみます。

ある部分をテスターで測るとDC300vレンジで235vでした。




はい! アウト!!

ってことで基盤の交換です。 

前にパナソニックで痛い目を受けたのと、2〜3にて程度なら待てるので今回はネットで基盤を発注しました。




でもって右が旧基盤、左が新基盤です。

何やらの対策がされているとかで微妙に違います。




早速、室外機に取り付けて試運転開始。

コンプレッサーも機嫌よくまわり、室内機からは涼しい風が出てきました。

これにて修理完了です。

ちなみに基盤は、送料込みで1万4千円程度でした。


 
| naock | その他 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
あべのハルカスで・・・・・
どうでもいぃ話ですが、写真を整理していたら3月にあべのハルカスへ行った時の写真が出てきました。

子供は、「高い」と喜んでいました。




まぁどうでもいぃ普通の写真です。

足元ぎりぎりまでガラスですので、怖い気もします。

で、また当たり前のように風景をパシャリ・・・・・




もはやどっちを取ったかも覚えてませんがいぃ眺めです。

そしてまたパシャリ・・・・・




向こうに見えるのが生駒さんでしょうか?

周りのビル群が模型のようです。

ん???  何か写真にゴミが・・・・・

この真ん中の黒い影はなに???

他の写真を探すと犯人がいました。




この写真を見て思い出しました。

こやつは、窓の外にくっついていたのです。

ここは、地上60階です。

この虫はこの高さまで飛んできたのか?飛ばされてきたのか?

でも、この高さの窓の外に虫が張り付いてるのは珍しいかな?と思って撮ったのは覚えています。

まぁ〜どうでもいぃ話ですが・・・・・
| naock | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
融通の全くきかないパナソニック
おうちの電気温水器が故障しました。

この温水器は、ナショナル時代のものなので14年になるでしょうか?




今までの故障は、水害にあった時に壊れた程度でそれ以外は機嫌よく動いてくれていました。

ここは流石大手メーカーで耐久性・信頼性は抜群ですね。

F68というエラーコードから概ねの故障は箇所は分かりました。

とりあえずカバーを外してみました。




まず簡単なところから確認ってことで、送水管のストレーナーです。

少しゴミが詰まっていましたが、特に異常はありません。




次に積層ポンプという部品です。

いろいろネットで調べてみてもここが故障しているケースが多いようです。




左下にある小さなポンプですが、これが原因であろう積層ポンプです。



さっそく取り外して中を確認してみます。

ちなみにカバーを外してからポンプを取り外すまで20分かからないくらいでここまでたどり着きました。

僕のようなド素人がここまで20分ってのを一応覚えておいてください。

で、ネジを4本外して中のポンプのコアを取り出してみると・・・・・




磁性体のコアが割れていました。

故障個所も分かったのでパナソニックの修理相談窓口に電話をすると「修理依頼だけですので、部品の供給は個人にはできない」ってことでした。

ま〜そうなるでしょうね。


僕にすれば「は?」ってな話です。

パナ側の言いたいことは分かりますが、自己責任で売ってくれればいいのに・・・・・・

しばらくの押し問答の末、パナ側の言いなりになり修理を依頼することにしました。

で、すぐに修理に来てくれたのですが、そもそも修理と言ってもポンプを付けるだけなので数分で終わるかと思いきや。

30分たっても作業が終わらない・・・・・

見に行ってみるとまだポンプを取り付けています。

しかもゴム製のホースを銅管に差し込むのに排水溝の水を付けている・・・・・

このオッサンなにやってんだ?

その中を通る水って俺達の口に入るんだぞ!!!

しかも無茶苦茶手際が悪い。

やっと終わってタンクに水をためていると、今度はタンクの底から漏水です。

ポンプを付ける際に無理やり銅管をグニャグニャ動かしたのが原因です。

幸いパッキンを交換して漏水は止まりましたが、タンクの水450Lをもう一度捨ててからの作業です。
で、幸いにも車で5分のところにパナソニックの修理部門があるので部品を持参していきました。

すると部品はありますが、作業員が出向いて作業しないとダメですってことでした。

なにそれ!!!!

結局3時間半かかってようやく作業が終わりました。

まだその他にもふがいない点が多々あったのですが、書くのも面倒なくらいです。

で、車で5分のところを出張料として5千円ほど、技術料として1万円程度請求されました。

ちなみに部品代は、8千円弱です。

これがほんとにプロの仕事でしょうか?

すこぶる腹立たしいです。

で、最終の落ちとしまして・・・・・

数日後に先輩宅のパナの石油給湯器が故障して部品交換が必要になったのですが・・・・・・

先輩が同じパナの修理部門に電話をする際に「○○電機ですが・・・・」と連絡するとすんなり部品供給がされました。

当然先輩は電気屋さんでも何でもありません。

ってことは、僕も「○○電機ですけど・・・・」と言っていれば余計な費用と時間を使うことなく修理できてたってことです。

なんなのパナソニックのこのシステムは!!!

パナソニック!! えぇかげんにしろよ  もうちょっと融通きかせて部品くらい供給しろ バ〜カ!
| naock | その他 | comments(3) | trackbacks(0) | - |
明けましておめでとうございます。
2015年、新年あけましておめでとうございます。

今年もボチボチとイジリーなんかをメインにアップしたいと思います。

よろしくお願いします。

さて今年も子供のボーイスカウトについて初日の出を見に行ってまいりました。

今年は、生憎の天気で分厚い雲が生駒山にかぶさっておりました。

日野での時刻(7:05)が過ぎて、お日様が出ているのですが今年はこんな感じでした。




2015年、良い年になりますように・・・・・

 
| naock | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
サーカス見てきました。
昨日、生まれて初めてサーカスなるものを見に行ってきました。

たまたま「ご優待券」をいただいたので行かないともったいない!

でも行ける日にちがその日しかないという事で、行ってまいりました。

ちょうどこけら落とし公演でもあったので早くから並んでいる人が沢山いました。



ゲートをくぐると色んな写真も展示されていました。



ほかにもお土産物を売ってるコンテナなんかもありました。



長らく待ってやっと定刻を迎え、オープニングセレモニーが始まりました。



司会は、読売テレビのアナウンサーで、色んな偉い方々のお言葉を頂戴し、花束贈呈などもあり・・・・・・・・

最後にテープカットをして開幕です。



演者さんの紹介もされて華やかさ満開って感じです。

さすがに演技を写真に収めることが出来ないので中略させていただきますが、あっと驚くことだらけ!

感動あり、笑いあり・・・と「息つく暇もない。」とはこんなのか〜と思えました。

正直、すっごい良かったです。

もちろん子供も大喜びでした。

公演が終わったので会場を撮ってみました。

が・・・・・明るい時に撮影したステージはアップするのを控えておきます。

かくして大盛況のうちに退場し、記念にサーカス小屋をパシャリ。



一見の価値はあります。

楽しかったです。



 
| naock | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
<new | top | old>