器用貧乏な世界!

自己満足の趣味を綴ってます。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< バイクいじりです | main | エンジンの形が見えてきた・・・ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - |
バイクの続きです。
 前回かなり手こずったバルブの擦り合わせですが、公約通りエアーツールを購入しました。



その名の通りエアーの力でピストン運動します。

タコ棒と比べるとこんな感じです。



長時間片手で保持するには少し重いかな?ってくらいです。

ですが、1本当たりの時間はわずか5分程度で作業が終了するので問題ありません。



ま〜上の写真はあてがっているだけですけどね。

実際、動かすとこんなに軽くは持っていられません。

そんなこんなでバルブの擦り合わせも無事に終了して、いよいよヘッド周りの組み立てに入ります。

先ずは、新品のバルブシールを着けて、バルブを挿入します。



次にバルブスプリング等を入れていきます。



ちなみにほとんどのエンジンのバルブスプリングは、不当ピッチが採用されているので、入れる方向に向きがあります。

感覚の短い方がヘッド側(下)になります。

間違えるとスプリングが折れるそうです。(あくまでも噂で実際に見たことないです)

で、スプリングを押えるのにバルブコッタなるものがあるのですが、これを入れるのが苦手なんですよね。

それはこいつです。



この2つの小さな部品でスプリングを押えこんでいます。

装着しようとしているのがこれ・・・・・



なかなかこの部分におさまってくれないんですよね。

すんなり入った状態がこれです。



こいつがはまってくれれば、バルブキャップを入れればほぼ組みあがりです。



というわけでヘッドのオーバーホールは、完了です。



シリンダー側もこの通り!



オーバーホール前から比べると見違えるようです。

でもって、次なる作業はクランクケースへ行きます。

長々とほったらかしにしていたので、中はホコリまみれでした。

一応綺麗に掃除をしてクランクケースの上側に液状ガスケットを塗って下側とガッチャンコします。



はみ出した余分なガスケットは乾いてから指でちょいと擦るとスルスルっと取れます。

この勢いでクラッチ側も組んでおきました。

クラッチの裏側にあるオイルポンプと取り付けます。



ダウエルピンがあるのですが、なかなか定位置まで入ってくれないので殴り込みました。
(当然、壊れない程度にですよ・・・)

これにプライマリーギアをとりつけます。



後はクラッチを取り付ければクラッチ部分の組みあがりです。



ちなみに、お決まり部品のようですが、強化クラッチが入っていました。

見た目は格好良くみえますが、隠れてしまうので見た目の意味はありません。

で、本当に強化されているのかと思いきや・・・・・

なんとなくバネだけが強くなっているだけのような気がしないでもありません。

ま〜動くようになってからのお楽しみにしておきます。
| naock | バイク | comments(2) | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |
sardine (2012/12/03 12:15 AM)
しかし職人技ですねぇ〜、道具があっても理解してないとできない仕事です。
最近、モノタロウ流行で何でも揃えてますが規格とか勉強しないとトンチンカンな注文してしまい萎えます(笑)
naock (2012/12/04 10:53 PM)
sardineさんこんばんは。

圧力計ネタ見ました。
よくあることです。
でもしっかりとフォローしてたじゃないですか。
問題なしです。

ちなみに僕はサービスマニアルを見ながらやってるのでその気になれば少しの知識で出来る範囲ですよ。
ボアアップなんかのパワーアップカスタムは自信ないです。
コツコツ派なのでこのオーバーホールも1年越しになりそうですが、本職なら1ヶ月もあれば出来るんでしょうけど(苦笑)









url: http://naock.jugem.jp/trackback/159