器用貧乏な世界!

自己満足の趣味を綴ってます。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< XJR1200 エンジン完成 | main | XJR1200組み立て開始 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - |
ステムベアリング交換
 本日は、ステムのカクカクした動きを治すためにステムのベアリングを交換します。

先ずはアッパーベアリングのアウターレースを外すところからです。



この部分は、フレームとベアリングのアウターレースの間に隙間が無いので、無理やりマイナスドライバーをかち込んで外します。



少し出来た隙間にひたすらマイナスドライバーをねじ込み、少しづつ浮かしてなんとか外れました。

でも最初にコツいた部分がやはりこんな状態になってました。



予想通りではありますが、下手くそでございます。

この捲れた部分をリューターで削って平らにします。



ちょっと解り難いでしょうが、少しづつ削っています。

で、これくらいまで平らになっていれば大丈夫でしょう。



強度的には全く問題ないと思います。

次は、アンダーベアリングのアウターレースの取り外しです。

こちらは溝が切られているので何の問題も無くすんなり外れました。



外したレースはこのとおりです。



ものの見事に段付きになっています。

アップにすると・・・・・



これじゃーカックンカックンなりますよね。

この2つのアウターレースが外れれば難関の一つはクリアできました。

次は三叉についているアンダーベアリングのインナーレースの取り外しです。

これは流石にプレスがないと出来ないので、先輩のところでプレスを借りてステムシャフトを抜きました。

写真を撮るのをすっかり忘れていたのですが、最初12tの圧力で抜くことが出来ませんでした。

で、先輩が20tにプレス用ジャッキを交換してくれて、なんとか抜くことが出来ました。

家に帰ってきてアンダーのインナーレースをマイナスドライバーで少しづつかち込んでいきます。



ステムシャフトに打痕が付いてしまいましたがちゃんと入りました。



このあと磨いて打痕はほとんど消えました。

続きまして、アッパーのアウターレースの取り付けです。



とはいっても外す時の反対の要領なだけです。



少しづつコンコンと押し込んでいきます。

綺麗に入りました。



同じ要領でアンダーのアウターレースを取り付けます。



けして焦らず、少しづつです。



間違ってもボールが収まる丸い部分には傷をつけないようにします。

レースは、所定のところまで入ればコツンコツンという音から少し高いカツンカツンという音に代わります。



レースが入れば次はステムの取り付けに入ります。

まずはベアリングにたっぷりのグリースを塗ります。



それをステムにはめて・・・・・



あとはフレームに取り付けてネジを締めこむだけです。

って・・・・手がグリースでベッタベタだったので写真はなしです。

で、完成です。



ちなみに〜

トップブリッジ下の三叉の締め付けネジは、僕はマイナスドライバーで締めこんでいきます。

少しづつカンカンと締めていって、ひとまず動きがほんの少し渋くなるまで締めていきます。

その状態から一旦緩めて本締め(先ほどより少し軽め)します。

で、今回交換した部品は下の写真のものが全てです。



これだけで5千円程度です。

ステアリングが、おかしいな?と思ったら工事は面倒ですが、交換するのはお勧めです。

劇的に改善しました。
| naock | バイク | comments(0) | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |









url: http://naock.jugem.jp/trackback/166