器用貧乏な世界!

自己満足の趣味を綴ってます。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< エンジン下ろしました | main | マリンギヤ取り外し >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - |
噴射ポンプ取り外し
 前回、エンジンを船から引っこ抜いてきました。

さ〜ばらしてエンジンの中がどんな状態かしらべるぞ!

と、思ったのですが、どこを触ってもお手々が真っ黒、その辺も真っ黒になるので、掃除しながら徐々のバラス羽目になりました。

でもその方が部品の状態を把握するのに都合がいいかもしれません。

ということで、本日は噴射ポンプ(燃料系統をばらしました。

最初はこの状態です。



噴射ポンプよりもマリンギヤの方が気になるところですが・・・・・

それはさておき、作業に入ります・・・・・が・・・・・・

手が真っ黒なので写真は撮れませんでした。

かくして噴射ポンプ離脱完了です。



汚れはひどいですが、そんなに悪くはなさそうです。

ちなみに、ギヤのところで出っ張っているものは、タイミングをとるためのものなのですが、実際クランクとの位相角度をどやって調節するのでしょう?

と言うのも、今まで触ったことのあるディーゼルエンジン(VOLVO)ですと噴射ポンプ取り付けボルトのところで20°くらい噴射ポンプ自体を回転させて噴射タイミングを調節するようになっているのですが、このエンジンは噴射ポンプを単一角度でしか固定できません。

ん〜〜〜〜また組み上げると時に悩むことにします。

で、外した状態がこれです。



インレット側が、かなりすっきりしました。

でも・・・・・まだまだ先は長いです・・・・・・・・・・・・
| naock | 船舶エンジン | comments(5) | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |
eagle (2018/11/19 9:13 AM)
はじめまして。私のエンジンはヤマハ(日野)でデンソー製の噴射ポンプが付いてます。今度オーバーホールに出したいのですが、船屋さんが中々きてくれないため自分で外そうと考えてます。脱着に関して一度も経験がないため作業手順をご教示いただけたら幸いです。
naock (2018/11/28 12:24 AM)
返事が遅くなりました。

まず、ケーブル類(スロットル、エンジン停止用)を外します。
次に燃料タンクからきているホースとリターンホースを外します。
次に潤滑オイルのパイプを外します。
次に燃料ポンプからヘッドへ行っている燃料配管をすべて外します。
これで噴射ポンプが単体になったと思います。
最後にポンプが3〜4本のブルとで止まっていると思いますが、それを外せば噴射ポンプは外れます。
ここで気を付けといてほしいのは、取り付け角度があるので、ポンプのねじを外す前にマーキングしておいてください。
以上です。 
頑張ってください。
eagle (2018/11/28 8:18 PM)
ありがとうございます。外す前に噴射時期の合いマークを忘れないことですね。潤滑オイルのパイプだけわかりませんが何処へ繋がっているのでしょうか。
eagle (2018/11/29 8:57 AM)
ポンプにエンジンオイルを循環するための配管がありました。がんばってやってみます。
naock (2018/11/30 12:04 AM)
頑張ってください。









url: http://naock.jugem.jp/trackback/174