器用貧乏な世界!

自己満足の趣味を綴ってます。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 今年も来ました田植えシーズン | main | シャフト抜き取り >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - |
コンプレッサー買い替えが・・・・・
少し前から自宅においてたコンプレッサーを実家の方に移動させていたのですが、もう少し吐出量が欲しいので買い替えることにしたのですが・・・・・

オクでフジのコンプレッサーを落札。

当然「動作品」の表示があったのですが、届いてみると・・・・・




なにやら泥だらけです。

それもちょっとどころではなく、いたるところベッタリと蓄積しています。




モーターの中もこの通りです。



まさかと思い、ベルトを手で回してみると・・・・・

全く回りません。




これは・・・・・完全に・・・・・水没品です。

何が動作品じゃ!!!

よくもこんな商品を「動作品」で出品したものです。

クランクケース内も泥でいっぱい。

オイル覗き窓もこの通りです。




当然、すぐさま出品者に抗議の電話です。

平謝りされましたがこれはあまりにも酷いです。

出品者側に運送業者の回収依頼など全て段取りさせて、落札金・送料・振込手数料などの経費をすべて返金させることで話は終わりました。

他にも色々と中古機械を売っている業者ですが、ブラックリストに入れることにします。

それから直ぐに頃合いのコンプレッサーが出てたので落札しました。

バンザイと言うメーカーのコンプレッサーで吐出量は220L/min。

タンクは220Lと今まで使用していたものより大きいものです。

早速引き取りに行ってきました。




ラッシングとレバーブロックで吊り上げて・・・浮き上がったら軽トラを移動させて・・・・



ここで落ちたら最悪・・・・・

ちょっとビビリながら下ろして・・・・・




着地して、ようやく到着です。

で! 前回のこともあるので早速動作チェックです。

でも自宅はもちろん、実家にも動力を引き込んでいません。

このコンプレッサーのモーターは動力の2.2kwです。

ここで配線を組み替えて市販されているインバーターを使って単相200vで動かします。

でもって・・・・コンセントからきている線とモーターに繋がる線を外して、リレーが必要なくなるので取っ払います。




インバーターをコンプレッサーに仮付してモーターと電源線を接続します。

次にリレーを制御していた配線の組み替えです。

本来ならタンク内に充填された圧力でリレーを「on」「off」してモーターの動きを制御するのですが、その方法だとインバーターによろしくないみたいです。

で・・・圧力スイッチの「on」「off」を使ってデジタル信号入力方式でインバーターを制御する方法をとります。




かくして初動チェックは終了しました。



写真では9kgf/c屬任垢、実際には13.5kgf/c屬泙任△ります。

続いに言う「中圧」です。

仕様は・・・・・
社名     BANZAI
タンク容量  220L  
吐出量    220L/min
最高使用圧力 13.5kgf/c
動力     三菱モーター2.2kw三相ガゴ型モーター
圧縮機    IWATA製
インバーター 富士電機機器制御株式会社 FRN2.2C1S−7J

ざっとこんな感じでしょうか・・・・・・

これで何の問題もなく使用できると思ったら・・・・・

タンクのエアーを抜く時に汚い汁が大量に出てきました・・・・・

タンク横の大きなネジを開けてタンク内を確認すると中には水とオイルが混ざった汚いヘドロがたっぷりです。

これは掃除しなければってな訳でかき出したら・・・・・こんなんでした。




これ雑巾に染み込ませて「素手絞り」したんですよ!

よくやるよ僕は・・・・・・




最後に水洗いして錆と一緒に吸い出すのにバキュームの先に鉄パイプをつけたもので仕上げです。

ちなみに最初からこれを使わなかったのは、最初に溜まってたヘドロがこれで吸い出せなかったからです。

ってな作業をへて、タンク内も掃除完了です。

何日コンプレッサーの買い替えに費やしたんだろう?・・・・・
| naock | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |









url: http://naock.jugem.jp/trackback/195