器用貧乏な世界!

自己満足の趣味を綴ってます。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 先日の子守・・・・ | main | 燃料タンクの掃除 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - |
北海道に行ってきました。
8月9日〜11日まで2泊3日の旅行に行ってきました。

今年は、上の子供が小学生最後の夏休み! 中学になれば休みを思うようにとれるかどうかも判らないので思い切って遠出をしてみました。

行先は、北海道です。

日程は、フリープランをチョイスしたらしく・・・・
1日目:旭山動物園
2日目:富良野
3日目:トマム
こんな感じで予定を立てておりました。

8月9日
台風11号の接近でのっけから不安いっぱい・・・・・

欠航を恐れながらも大雨の中を神戸空港へ行くと定刻通りに離陸できて一安心。

天候不良のため飛行機は揺れる揺れる!!

でもしばらくすると安定して雲の上は快晴でした。



ほどなくして北の大地が見えてきました。



ちなみにこの下に見える景色が何処なのかはサッパリ解りません。

ですが、上空1万メートルからの地上はちっぽけなものですねぇ〜



で、これまた定刻通り新千歳空港に到着。



乗って来た飛行機です。

神戸は悪天候でしたが、北海道はいい天気です。

台風から逃げてきた感じですね。

さ〜無事に到着しましたしレンタカーを借りていざ旭川市に向けて出発です。

ところが・・・ナビをセットしてビックリ!!

新千歳空港から旭山動物園まで約200km・・・・・

やっぱり北海道ってでっかいんだなぁ〜と思いました。

2時間程度で最初の目的地に到着。時間は午後2時でした。



閉園が午後4時でしたので慌てて園内探索。

先ずは名物の空飛ぶペンギンです。





僕はこれが一番見たかったのです。

水槽の下のトンネルから見上げると、上を泳いでいるペンギンが本当に空を飛んでいるようでした。

あとはアザラシに柱抜け、シロクマ、北海道の固有動物etc・・・(どれもいい写真がありませんでした)

あと猛獣がいるっていうことで見に行きましたが、このころになると子供も暑さと長旅で疲れたのか?顔が険しく・・・



ある程度回ったところで時間を見てみると、4時を回っていました。

あれれ? 午後4時閉園じゃないの?

係員に聞くと今日から午後8時までやってますと・・・・・

え〜〜〜〜! でも見たいところは見たし、暑いし、休憩と買い物して泊りは富良野ですので観光しながら向かうか!ってなりました。

富良野に向かう道中、「セブンスターの木」なるものがあるのでそこで休憩を兼ねて観光です。



この木がそんなに有名なのか・・・・・

全く予備知識がなかったので何も感じませんでしたが・・・・・



僕は、それよりもこの近くにある白樺並木の方が綺麗に見えました。



それと永遠と続く大地!



ここへ来てやっと北海道らしさを感じることが出来ました。

やはり北海道と言えば広い大地とひたすら続く長い直線って感じですよね。

それと白いトウモロコシです。



仕事場の先輩に「これだけは食べとけよ。」と言われたので買ってみました。

結果・・・実家で採れたトウモロコシの方がおいしかったです。

買った店が悪かったのでしょう。 本当だとすごく甘くて美味しいらしぃ・・・・・・

ま〜これも旅の思い出です。

で、やっとのことで1日目の宿に到着。

この日の晩御飯は、ちょっとしたコース料理です。

普段こんなものを食べることがないので楽しみの一つでした。

先ずは前菜。


次はスープ。 北海道と言えばコーンスープでしょう。


次は魚料理。


メインディッシュの肉料理。 


最後にデザートです。


これも北海道名産の一つ、メロンでした。

ゆっくり食べるからなのか?意外と満腹になりました。(普段ですと足りないかな?)

で、次の朝は気球体験が5時にあるので早々に就寝しました。

8月10日
天気は、晴れ。 台風の進路を気にしていましたが、よし!これなら気球に乗れる!!



と、思ったのですが・・・・宿の玄関で迎えを待っていると「上空の風が強いため中止になりました。」と・・・

あらら・・・でもここでちょっと嬉しい事に、ちょっとした雲海を見ることが出来ました。

仕方ないので朝風呂をして朝食。

この後は、ラフティングです。

僕と子供は、これが旅行の目玉でした。



ファミリー向けですので激流を下るわけではないのですが、楽しかったです。

それと川の水ですが、これが冷たいのなんの・・・・・1分と浸かっていることが出来ませんでした。

ラフティングが終わって、少し時間もあったので気球に乗れなかった分のチケットが余っているので4輪バギーで遊んで昼御飯です。

北海道なら海鮮物ってことでいくら丼です。



ちょっとイクラケチり気味じゃないですか?

で、この日の泊りはトマムですので観光しながら向かいました。

チーズ工房に立ち寄って今回来ることが出来なかったオカンの要望でお土産のチーズを買いうはずが・・・・

「チーズは全て要冷蔵です。」と言われたのでここではお菓子だけを買って次へ・・・

次は、「森の時計」と言うところで休憩です。



森林浴をしてマイナスイオンをバリバリ吸収しながら歩くこと約5分。

本当に森の中にポツンと喫茶店がありました。

ここでは、カウンターに座ってゴリゴリと豆を挽くのが醍醐味らしいのですが、僕は真っ平御免です。



ってな訳で、アイスコーヒーを飲みながら北海道新聞を読みながらひと時の休息です。

この後、4時半過ぎにトマムリゾートに到着。チェックインもそこそこにプールへレッツゴーです。



流石、リゾートって言うだけあって綺麗なところです。

で、泳いで風呂に入って気が付けば8時・・・・・・

疲れたので晩御飯は簡単なものでいぃか〜ってなりまして「北海道と言えばラーメン」となりました。



焼き味噌なんたらかんたら・・・ってラーメンで美味しかったです。

8月10日
この日は、さすがに台風11号が近づくとあって朝から雨です。

4時半に起床して雲海を見に行くはずだったのですが中止です。

二度寝して朝からゆっくりと飯食って午前中はトマムリゾート内でキーホルダー作り体験に参加。

昼前にトマム内の喫茶でケーキセットの招待券があったので食べないのは勿体ないってことでケーキを食べました。

すると朝のビュッフェと相俟って昼飯を食う腹のスペースもなくなりました。

ってことで、雨のためすることもないので急遽札幌まで行ってみることになりました。

約2時間かけて札幌に到着。なぜか天気は晴れ・・・・

これまた北海道名物の白い恋人・・・ここの工場見学に行きました。

雰囲気は「チャーリーとチョコレート工場」です。



ローズ広場とか時計塔もあります。



中に入ってみると何やら展示物が色々ありました。



サッカー・・・・これは有名ですよね。

あと何の意味があるのか?こんなものが・・・・・



これ何かの映画のキャラクターにでもなったんでしょうか?

何だか判りませんが、上の子供は釘づけになっていました。

本命の工場見学は、あっと言う間に終わってしまいましたが、やはりオートメーションでした。



ここは流石にどこぞの国の鶏肉加工工場的なことはなく、清潔そのものって感じでした。

そりゃ〜そんなんでなければ口に入れるの嫌ですよねぇ〜

で、お決まりのお土産も買って余裕をもって空港に向かうことにしました。

道中、せっかく札幌に足を延ばしたので時計塔に回ってみました。

案外道端にあったので、車の中からパシャリ!



かくしてレンタカー返却して空港に着きまして、何とか事故もなく帰路につくことが出来ます。

飛行機は少し遅れて無事離陸。

全く揺れることもなく、飛行機の外も暗いのでボケ〜っとしながら外を眺めておりました。

飛行機が能登半島上空にさしかかると徐々に高度を下げていると、上の子供が「あれ?これ裂けとる?」と言い出しました。



現在の高度は約8000mです。

膨らませた時は、上空12000mで膨らませたそうです。

子供なりにピンときたのでしょう! 気圧の関係でしぼんでるんだとわかったようです。

で、これを自由研究のネタにするのですかさず写真撮影するように言われました。
(自分の携帯で撮れよ・・・・・)

高度もどんどん下がり9時頃に無事に神戸空港に到着。

その時の風船の状態がこれ・・・・



ものの見事にしぼんでいます。

さてさてこれをネタにどこまで研究してくれるのでしょうか・・・・・

ちまみに膨らませた状態がこれです。



で、遅くなりましたがお得意の「びっくりドンキー」で晩飯喰って帰りました。

よっぽど疲れたのでしょうねぇ〜この状態です。



下の子供も飛行機内の別の場所で、嫁が寝ているであろう横で一人はしゃいでいましたし・・・・・

ま〜何はともあれ、事故もなく無事に家に帰ってこれてやれやれです。

考えてみると、家を出てから帰ってくるまで、この3日間で約700km強運転しました。

疲れた〜〜〜〜〜〜〜〜!!! 
| naock | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |









url: http://naock.jugem.jp/trackback/198