器用貧乏な世界!

自己満足の趣味を綴ってます。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 融通の全くきかないパナソニック | main | 農作業用運搬機(トップカー)の修理 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - |
ちょこっとモンキーの修理
今日は、仕事場の先輩のモンキーの修理です。

修理のメインは、エンジンが掛からないってことです。

キャブを掃除すれば治るだろうと軽い気持ちで依頼を受けました。

まず気になったのは前ブレーキの取り付けです。




改造してディスクブレーキへの変更に伴ってマスターシリンダーが取り付けられているのですが、ノーマルのハンドルスイッチを使っているため、元のブレーキレバーの取り付け部分が残っている状態でした。

しかもブレーキをかけた時に少しあたってるし・・・・・




これじゃ〜非常に危ないし、使い勝手も悪いのでちょぃと工作することにしました。

といってもブレーキレバーの取り付け部分をカットオフするだけです。




余計なものを取り除いて必要最小限のします。

別の角度から見るとわかるでしょう。

ハンドル周りがすっきりしてスイッチ類も操作しやすくなってるしブレーキレバーも緩衝することなくスムーズに握れるようになりました。

しかもスロットルワイヤーもストレスなく取回せるようにもなりました。




次にメインのキャブレターのお掃除です。

案の定、ゴミだらけでした。




小さな穴をホジホジするとこんなに真黒な汚れが出てきます。

あとこのモンキーでよくあるのが、「キャブを掃除したけど、アイドリングが安定しない」または「エンジンを吹かすとしばらく高回転でアイドリングする」という症状が出るときがあります。

これはアイドルスクリューが詰まっているのです。

ちなみにこのキャブもアイドルスクリューが塞がっておりました。

このキャブのアイドルスクリューは、一体型なのでミスすればキャブごと交換になるので慎重に、なおかつ大胆で地道に開通させなければなりません。

と書いておりますが、ただただ邪魔くさいだけです。

そんなこんなでエンジンの息も吹きかえったところで試乗してみると・・・・・・あれれ???

エンジンの調子はいいのですが、ハンドルの間隔がおかしい???

たしか先輩もハンドルがどうの???とは言っておりましたが・・・・・

これは、危険なので前周りをバラして確認することにしました。




原因は、すぐに判明しました。

ステムベアリングに重大な問題がありました。

このモンキーは、前周りを分解したことがあるはずです。

そのときにアッパーのステムベアリングのアウターが、上下反対に取り付けられていました。

それが原因でステムシャフトが締め込むことが出来ず、しかもそれによりベアリングの玉が変形して余計にハンドルにガタが出来ていました。




この写真では分かりにくいですが、しっかりと当たりが出てしまっています。

アンダーのベアリングは少々錆が出ているものの、こんな感じで使えるようにも思えます。




でも上が変形してダメになっているので、そんなに高い部品でもないので上下セットで交換します。

で、組み上げて試乗して異常がなかったので、これにて修理完了です。




 
| naock | バイク | comments(0) | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |









url: http://naock.jugem.jp/trackback/209