器用貧乏な世界!

自己満足の趣味を綴ってます。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< XJR1200 クラッチキャリパー修理 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - |
XJR1200 フロントフォークO/H 鍵交換 オイル・エレメント交換

さてさて今回は盛り沢山です。

 

まずはフロントフォークから行きましょうか・・・・・

 

前、右のみO/Hしていたのですが、左はしていませんでした。

 

その理由は、フォークのキャップボルトが外れなかったからです。

 

 

まずは車体から取り外します。

 

本来ですと車体から取り外す前にキャップボルトは緩めておくのですが、当然今回も回りません。

 

で、インパクトで回すと案の定・・・・なめました・・・

 

たまに古いバイクや雨ざらしのひどいバイクにありがちなんですよね。

 

 

 

 

当然・・・パイレンで回してみたり炙ってみたり・・・色々やってみましたが無理でした。

 

こうなるとどうするか・・・と言うと・・・

 

回らない原因は分かっているので、キャップボルトの破壊です。(笑)

 

まず、キャップボルトの天板をギリギリまで削ります。

 

 

この時にインナーチューブを傷つけないように慎重に削ります。

 

次にインナーチューブの端からから2mm程度内側のところに亀裂を入れていきます。

 

 

で、ぐるっと一周すると中に黒いゴムが埋まっています。

 

このパッキンが回らない原因です。

 

 

このパッキンを取り出します。

 

この時にパッキンは切れても大丈夫です。

 

新品のキャップボルトにはこのパッキンがついた状態で届きます。

 

 

外した状態はこんな感じです。

 

パッキンのあったところにはネジは切られていません。

 

 

これを外してしまうと簡単に回ります。

 

 

ここまでくれば普通にO/Hするだけです。

 

 

キャップボルトが外れて分解できました。

 

 

念のためにインナーチューブの中を見てみます。

 

ネジ山に損傷はありませ。

 

よかったよかった。

 

 

完全に分解して洗浄します。

 

 

新しいフォークシールです。

 

 

あと、フォークのそこにボルトが1本あるのですが、そこにある銅ワッシャーは一緒に交換しておくことをお勧めします。

 

 

綺麗になったら組み上げていって装着すれば完成です。

 

組み上げる際にキャップボルトの初期設定を忘れずに・・・

 

これを怠ると減衰力の調整が出来なくなります。

 

で・・・油で手がべったりなので間の写真は省略させて・・・・

 

完成です。

 

 

次に鍵ですが・・・・・

 

グラグラ感がひどかったのでグイッと引っ張るとオン抜け状態になりました。

 

ですので社外品のメイン・タンク・シートの鍵のセットを購入して交換しました。

 

タンクとシートはネジを外して交換するだけですのですが・・・・

 

メインはトップブリッジを外さないとできません。

 

なので、フォークのO/Hに便乗しました。

 

 

メインの鍵は、トップブリッジの裏から止められていますが、盗難防止のため、ネジ頭が折れるようになっています。

 

 

まー綺麗に外す必要がないので鍵ごとネジをぶった切ります。

 

 

あとは取り付ければ完成です。

 

 

最後にオイルとエレメントの交換です。

 

マフラーがノーマルではないのでオイルを抜くとエキパイにだらだかかってしまいます。

 

あとの掃除が大変だ・・・・・

 

 

新しいエレメントとオイルです。

 

私はいつもこのオイルを使っています。

 

 

これにて整備完了です。

 

次は車検です。

| naock | バイク | comments(2) | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |
sardine (2018/08/21 12:27 PM)
久しぶりに覗きにきました。
ナオさんのレストア作業は楽しそうです。
わたしは船の修繕は常に苦痛デス(笑)
常態化にて慣れたのかもしれません。

あー、マロールのステアリングの油漏れ、シールを交換しないとだw
naock (2018/08/22 12:16 AM)
お久しぶりです。
修理や改造が趣味ですからね(笑笑)
ステアリング修理、、、、
僕もしないといけないんですが、オイルまみれになるので重い腰が上がりません。

マロールのオイルは基本的に22番の作動油ならどれでもいいらしいですが、マロール指定オイル以外ならシェルのテラス#22が準指定らしいですよ









url: http://naock.jugem.jp/trackback/224